MENU

子供の健康について

子供の健康について、どれだけの親が、どれだけの配慮をしているのでしょうか・・・
と思う場面によく出くわします。

 

というのも、私が近所の子供達の学習を観ている精で、
日頃から、園児から、小学生、中学生の子供達とつき合っている事で、子供達の食事に不安を覚えているからです。

 

 

確かに、学校へ行っても、昔のように、給食を残さずに食べる規則等は無く、
自分の食べたい量や種類が自分で決める事ができるので、
子供達にとっては、嫌いな物を食べる必要もなく、嬉しがっているのですが、
其れをご存じの親達は、自宅の食事で、どのような工夫をされているのでしょう。

 

 

以前までは、母親が在宅していた子供達の家庭も、
女性の社会進出の波に乗って、又、家計状況にもよって、
夫婦共稼ぎに変化していき、夕食の時刻が、遅くなってしまった家庭も少なく無い上に、
子供達の空腹を満たす物として、スナック菓子が用意されているので、
子供達が、いざ、晩御飯を食べる時刻になると、お菓子で満腹状態で、
殆ど食事に手を付けられない状態の子供もいれば、
母が仕事で疲れていて、この頃、外食や、コンビニのおかずやお弁当が多くなってきた。と愚痴る子供達。

 

 

コンビニのお弁当等は、一昔前に比べれば、健康を考えて、
塩分も少なめにはなりましたがそれでも、
保存時間を考えて濃い味付けの物もあるわけで
そのような食事に口が慣れた子供達の将来の健康を考えると不安になってきています。

 

私は、子供達の健康は、親の役目の一つだと思いますし
親の手作りの食事の味をいつまでも覚えているような心も健康的な子供でいて欲しいと思います。

 

 

好き嫌いの無い子供というのを目指して欲しいとまでは言わないのですが、
どうしたら、我が子が色んな食材が食べられて、栄養面を考えて造って下さっている給食も美味しく頂ける健康的な子供になるだろうかと、出来る限り、自宅のキッチンで悩み、創意工夫して欲しいです。
そして、ご自分が、ダイエット中だからと、成長盛りのお子様まで、
カロリーオフの牛乳もどきしか与えないような考え方を捨てて頂きたいです。

 

子供が健康に育つ事が、なによりも一番の幸せであり、宝なのですから。